イラストを描く時は基本的に自由だが…勿論コツもある!

2018年9月1日 By admin

イラストを描くのはどんな時?

生活の中でイラストを目にすることはよくあると思います。イラストはあらゆる場所のいたるところにあり、ポスターであったり、チラシであったり、看板などにも描かれています。イラストは見てもらうために描かれているものですが、イラストを描く時は一体どんな時でしょう。イラストは自由な発想で描かれたり、宣伝のために利用される場合も多くあります。文字だけでショップの宣伝をするのは何とも味気ありません。そういう時にイラスト付きのチラシなどを作るとお客へのアピール効果が増します。

基本的にイラストは自由

絵を描くということはとても楽しいことであり、基本的にイラストは自由度が高い分野です。好きなものを好きなように描くというのが、絵心には最も大切なことです。プロのイラストレーターを目指すのであれば、それ相応の技術と知識がなければなりませんが、素人レベルのイラストなら特にこだわらなくても大丈夫です。イラストっぽく描くコツとしては、実写ではなく特徴を大げさに描くといいです。描きたいものを自由にデフォルメさせるというのが、イラストの描き方になります。

知っているものから描いてみよう

絵を描くときに必要なものは、何といっても観察力です。車のタイヤの数とか、飛行機の翼の枚数とかが分かっていないと絵は描くことができません。元々知らないものは描くことができませんから、最初は自分がよく知っているものをイラストの対象にすると良いでしょう。ギターが好きならギターの弦の数を知っているはずです。着物が好きなら帯の形をよく知っているはずです。よく知っているものから描いていけばそれほど難しくはありません。

イラストの講座はお金をかけて学ぶ事ももちろん出来ますが、web上では無料で学ぶ講座が存在します。自分の技術を上げることも可能です。